Reuters logo
〔株式マーケットアイ〕日経平均はプラス圏、ドル/円が119円台回復
January 7, 2015 / 2:16 AM / 3 years ago

〔株式マーケットアイ〕日経平均はプラス圏、ドル/円が119円台回復

[東京 7日 ロイター] -

〔株式マーケットアイ〕

<11:08>  日経平均はプラス圏、ドル/円が119円台回復

日経平均はプラス圏。1万6900円台後半まで上値を切り上げた。ドル/円 が119円台を回復し、トヨタ やソニー など主力輸出株の一角に買いが入っている。もっとも、昨年末から前日までの大幅な下げに対して反発力は鈍く、「海外投資家はまだ本格的に戻ってきておらず、様子見機運が強い」(国内証券)と指摘されている。

<10:02>  日経平均は軟調、反発の材料乏しい

日経平均は軟調、1万6800円台前半で推移している。鉱業、銀行が安い。医薬品、自動車はしっかり。市場では「国内に材料が乏しく反発のきっかけがつかめない。ただ、日経平均は前日まで4営業日で935円下落したが、ファンダメンタルズには変化がない。下値で押し目を買う動きも出始めている」(国内証券)との声が出ている。

<09:14>  5日続落、米株安受け売り先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は5日続落。下げ止まらない原油価格などを背景に投資家がリスクオフ姿勢を強めており、前日の米国株が下落。東京市場もリスク回避の株売りが続き、石油関連株やメガバンク、ハイテクなどを中心に売りが先行した。もっとも12月29日の直近高値から前日までで日経平均は1000円を超す大幅な下げとなっており、下値では値ごろ感が意識されやすい。日銀や国内年金による買いも期待され、売り一巡後は切り返しに転じている。

<08:28>  寄り前の板状況、主力株はほぼ売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン 、ソニー 、パナソニック など主力輸出株は売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ソフトバンク も売り優勢となっている。

大手銀行株では、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ は売り優勢、みずほフィナンシャルグループ は売り買いきっ抗となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

株式関連指標の索引ページ(日本語表示)

株式関連指標の索引ページ(英語表示)

東証第1部出来高上位30傑

東証第1部売買代金上位30傑

東証第1部値上がり率上位30傑

東証第1部値下がり率上位30傑

東証第1部値上がり幅上位30傑

東証第1部値下がり幅上位30傑

ジャスダック出来高上位30傑

ジャスダック売買代金上位30傑

ジャスダック値上がり率上位30傑

ジャスダック値下がり率上位30傑

ジャスダック値上がり幅上位30傑

ジャスダック値下がり幅上位30傑

日経平均株価

TOPIX(東証株価指数)

TOPIX CORE30

JPX日経インデックス400

日経ジャスダック平均株価

東証マザーズ指数

日経225先物<0#JNI:>

SGX日経225先物<0#SSI:>

TOPIX先物<0#JTI:>

日経225オプション

東証・大証株券オプションのメニューページ

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below