January 12, 2015 / 5:17 AM / 4 years ago

株式ファンドから資金流出、世界経済への懸念で=メリル週間調査

[ニューヨーク 9日 ロイター] - バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ・グローバル・リサーチが9日公表したリポートによると、1月7日までの1週間で株式ファンドから121億ドルの資金が流出した。世界経済の拡大をめぐる懸念によりリスク資産を敬遠する動きが強まった。

米株式ファンドからの純流出額が128億ドルに達した。欧州株ファンドは3億ドルの流出超。新興国株ファンドは13億ドルの流出で、純流出は8週間連続となった。

日本株ファンドは5億ドルの流入だった。

一方債券ファンドは53億ドルの流入となり、純流入の規模は8週間ぶりの大きさだった。

バンカメ・メリルとEPFRグローバルのデータによれば、投資適格級債券ファンドに54億ドルが集まった。米国債ファンドは10億ドルの純流入だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below