April 2, 2015 / 2:17 AM / 5 years ago

為替こうみる:米製造業循環は4―6月期に回復へ、ドルは120円台定着=SMBC日興 丸山氏

[東京 2日 ロイター] -  <SMBC日興証券 米国担当シニアエコノミスト 丸山義正氏>

米国の製造業循環は1―3月に悪化した。3月のISM製造業景況感指数は51.5と2013年5月以来の低水準となった。

製造業循環悪化の要因として、原油安による投資圧縮、西海岸港湾の労使問題、及び、天候要因などが挙げられる。

ただ、これらの要因は一過性の外部ショックの類として位置付けられるべきで、米企業では在庫調整が生じているわけではない。

季節要因は春季に入って解消に向かい、西海岸港湾の労使問題は既に妥結しており、原油安に伴う投資圧縮のペースも緩み始めているため、外的ショックは4―6月期には和らぐとみている。

米製造業循環は3月に底入れし回復へ向かうと考えられる。4月の米指標が公表される日本の連休明けあたりから、米金利の上昇、日米金利差の拡大に応じて、ドル/円相場の上昇が見込まれ、ドルは120円台に定着する公算が大きい。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below