May 25, 2015 / 11:13 AM / 4 years ago

東南アジア株式=大半で下落、米利上げ懸念が圧迫

[バンコク 25日 ロイター] - 週明け25日の東南アジア市場の株価は、米国の利上げに対する懸念が改めて浮上し、大半の国で下落した。バンコクは、4月のタイ貿易統計の発表を控え、投資家の利益確定に圧迫され、1週間超ぶりの安値で引けた。

SET指数 は1%安の1508.16と、14日以来の安値で終了。アドバンスド・インフォ・サービシズ が2.1%、タイ空港会社 が約3%、それぞれ下落した。

ロイター調査では、4月のタイ輸出は年間ベースで4カ月連続の減少が予想されている。

クアラルンプールの総合株価指数 は1.1%安の1767.38と、4カ月超ぶりの安値で引けた。国有電力大手テナガ・ナショナル が3.4%安と、全体を押し下げた。

マニラの総合株価指数PSEi は3営業日続落し、3週間超ぶりの安値。

ジャカルタ は0.5%安と、6営業日ぶりに反落した。

一方、シンガポールのストレーツ・タイムズ指数(STI) は0.3%高と、15日以来の高値で引けた。4月の同国消費者物価指数は前年同月比で、5年ぶりの大幅なマイナスを記録した。

ホーチミンのVN指数 は5営業日続伸した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below