Reuters logo
再送-UPDATE 2-中国がチリと通貨スワップ協定締結、南米初の人民元決済銀に建設銀
2015年5月26日 / 02:28 / 2年後

再送-UPDATE 2-中国がチリと通貨スワップ協定締結、南米初の人民元決済銀に建設銀

(一部表記を修正して再送しました)

[サンティアゴ 25日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)とチリ中央銀行は25日、期間3年、最大2兆2000億ペソ(36億ドル)規模の通貨スワップ協定を締結したと発表した。両国間の貿易関係の強化が狙い。

中国はチリに南米初となる人民元取引の決済銀行(クリアリングバンク)を設置することも計画。声明で、中国建設銀行 をチリでの人民元決済銀行に指定したことを明らかにした。

チリのムニョス外相は、決済銀行がさまざまなプロジェクトに資金を提供する基盤となると期待を示した。

中国はまた、チリの人民元適格外国機関投資家(RQFII)に対し、500億元(81億ドル)の投資枠を付与することでも合意した。

チリにとり中国は最大の貿易相手国。ただ、中国のチリに対する投資はペルーなど他の南米諸国と比べて低水準にとどまっており、チリ当局者は特にエネルギー部門への投資を呼び込みたいとしている。

中国の李克強首相は南米歴訪の一環としてチリを公式訪問。チリに先立ちブラジルやペルーなどを訪れ、ペルーの太平洋沿岸とブラジルの大西洋沿岸を結ぶ南米大陸横断鉄道の実現可能性について検討を進めることなどで合意している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below