Reuters logo
ガラパゴス諸島で噴火、ピンクイグアナが周辺に生息
2015年5月26日 / 01:12 / 2年後

ガラパゴス諸島で噴火、ピンクイグアナが周辺に生息

[キト 25日 ロイター] - エクアドルのガラパゴス諸島で、最高峰のウォルフ火山が25日早朝に噴火、希少動物のピンクイグアナが危険にさらされる可能性がある。地元当局が明らかにした。

ウォルフ火山はイサベラ島に位置し、標高は約1700メートル。

ガラパゴス国立公園はツイッターで「人口密集地ではないため、人的被害の恐れはない。だが、この山には世界で唯一のピンクイグアナの生息地がある」と懸念を示している。

公園当局が公開した画像によると、溶岩が山肌を流れ落ち、噴煙は1万メートルの高さに達しているもよう。

ただ当局は、ピンクイグアナが溶岩の流出側とは反対に生息しているため、被害を受ける可能性は低いとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below