Reuters logo
UPDATE 1-米CATVチャーター、TWC買収で合意 債務含め787億ドル
May 26, 2015 / 2:47 PM / 3 years ago

UPDATE 1-米CATVチャーター、TWC買収で合意 債務含め787億ドル

(内容を追加します。)

[26日 ロイター] - 著名実業家ジョン・マローン氏率いる米ケーブルテレビ(CATV)大手チャーター・コミュニケーションズ は26日、同業の米タイム・ワーナー・ケーブル(TWC) を560億ドルで買収することで合意した。債務引き受けを含めた買収総額は787億ドル。

米CATV3位のチャーターと2位TWCの統合により、最大手のコムキャスト に攻勢をかける。

買収は現金と株式の組み合わせで実施され、チャーター株の今月20日の終値を基に算出すると、TWC株1株当たりの買い付け価格は約195.71ドルとなる。

チャーターの約26%を保有するマローン氏率いるリバティ・ブロードバンド を除くTWC株主は、現金115ドルと、2社統合後の新会社の株式0.4562株を受け取る。

リバティは、新会社の株式50億ドル分を買い取る。

調査会社モフェットネーサンソンによると、統合後の新会社は米ブロードバンドインターネット市場の20%超を支配することになり、規制当局が懸念を示す主要分野になるとみられる。

実際、コムキャストは前月、規制当局が難色を示したことを受け、TWCに提示していた総額450億ドルの買収案を撤回している。

米連邦通信委員会(FCC)は声明で「承認によって米消費者がどのような恩恵を受けるか精査する」とし、「悪影響がないという事実だけでは不十分」との見解を示した。

米株式市場午前の取引で、TWCの株価は約4.8%高の179.39ドル近辺で推移。規制上のハードルへの懸念を反映し、チャーターの提示額を下回っている。チャーターは小幅安となっている。

チャーターは昨年にもTWCに370億ドルの買収案を提示したが、TWCはこれを拒否している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below