Reuters logo
米納税者10万人の情報に不正アクセス、組織的犯行か=内国歳入庁
2015年5月26日 / 23:54 / 2年後

米納税者10万人の情報に不正アクセス、組織的犯行か=内国歳入庁

[26日 ロイター] - 米内国歳入庁(IRS)のコスキネン長官は26日、今年2月から5月にかけて、約10万人の納税情報が不正にアクセスされたと明らかにした。

長官は記者会見で、不正アクセスがあったのは、これまでに申告した納税情報を呼び出す「ゲット・トランスクリプト」というオンラインアプリケーション。不正アクセスは20万回試行され、このうち約半分は成功したという。IRSはセキュリティーを強化するとしている。

長官は、誰が不正にアクセスしたのかについてはコメントできないとしたが、組織的犯行だとの見方を示し、犯罪捜査が続いているとした。また、データ盗難の目的は、来年に不正申告を行うことだとみられると述べた。

今回の不正アクセスはハッキングによるものではなく、既に入手されていた個人情報を使って行われたという。IRSは被害を受けた納税者への通知を今週中に開始する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below