July 22, 2015 / 12:48 PM / 4 years ago

東南アジア株式=バンコク7日ぶり小反発、ホーチミンは大幅高

[バンコク 22日 ロイター] - 22日の東南アジア株式市場では、バンコクが一時下落したものの、値を回復し、小幅高で引けた。売られ過ぎに近い状態で、安値拾いが入った。ホーチミンは銀行株の上昇を受け、約3週間ぶりの上げ幅を記録した。

バンコクのSET指数 は0.03%高で終了。一時、1%近く下落した。上昇は7営業日ぶり。

相対力指数(RSI)は終値で31.39。一時売られ過ぎの目安となる30を下回った。

他は薄商いの中をまちまちで引け、決算期を迎え、幾分警戒されていることが示唆された。大半の市場の出来高は30日間平均の90%に満たなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below