Reuters logo
上海外為市場=横ばい、株価動揺で当局は通貨安定志向か
2015年7月28日 / 05:32 / 2年後

上海外為市場=横ばい、株価動揺で当局は通貨安定志向か

[上海 28日 ロイター] - 28日の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで横ばい。中国人民銀行(中央銀行)はこの日の基準値を2週間ぶりの元高水準に設定し、株式市場が急激に不安定化する中、当局が通貨安定の維持を望んでいることが示唆された。

対ドル基準値は1ドル=6.1154元で、前営業日(6.1176元)に比べ0.04%の元高・ドル安水準。

直物相場は6.2095元で寄り付き、正午時点は前営業日終値と同じ6.2094元で取引された。

オフショア市場は6.2173元と、国内市場比0.13%の元安水準で取引されていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below