August 21, 2015 / 11:23 PM / 3 years ago

NY市場サマリー(21日)

[21日 ロイター] -  
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)
    
  ドル/円    終値   122.16/19 
          始値   122.16/19 
      前営業日終値   123.40/43 
 
  ユーロ/ドル  終値   1.1387/92
          始値   1.1357/63
      前営業日終値   1.1240/45    
    
30年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時05分    102*26.50=2.7361%
     前営業日終盤      102*20.50=2.7452%
    
10年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時05分    99*19.00=2.0452%
     前営業日終盤      99*11.00=2.0731%
    
5年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時05分   100*29.50=1.4308%
     前営業日終盤     100*23.00=1.4736%
    
2年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時05分   100*00.25=0.6209%
     前営業日終盤      99*30.00=0.6574%
    
  ダウ工業株30種(ドル) 
     終値         16459.75(‐530.94)
       前営業日終値       16990.69(‐358.04)

  ナスダック総合 
     終値         4706.04(‐171.45)
       前営業日終値       4877.49(‐141.56)

  S&P総合500種 
     終値         1970.89(‐64.84)
       前営業日終値       2035.73(‐43.88)
                    
 COMEX金(12月限)(ドル/オンス)  <0#GC:>
         終値    1159.6(+6.4)
     前営業日終値     1153.2(+25.3)
                             
 COMEX銀(9月限)(セント/オンス) <0#SI:> 
         終値    1530.1(‐21.6)
        前営業日終値     1551.7(+33.8)
    
  北海ブレント原油先物(10月限)(ドル/バレル)  <0#LCO:>
         終値    45.46(‐1.16)
        前営業日終値    46.62(‐0.54)
        
 米WTI原油先物(10月限) (ドル/バレル)  <0#CL:>   
         終値    40.45(‐0.87)
        前営業日終値      41.32(NA)
    
 TR/CC‐CRB指数(ポイント)     
         終値    191.3411(‐3.3165)
       前営業日終値    194.6576(+0.9042)
    
    
    <為替> ドルが対ユーロや円で1%超下落。同日発表された中国製造業購買担当者
景気指数(PMI)速報値が約6年半ぶりの低水準となったことを受け、世界の成長懸念
が広がり、9月の米利上げ観測が後退した。財新/マークイットが発表した8月の中国製
造業PMI速報値は47.1と、2009年3月以来約6年半ぶりの低水準となった。
    ドルの主要6通貨に対するドル指数 は約1%低下し、6月30日以来の低水準
に迫った。低下は3日連続。ドル/円 は1.10%安の122.28円と、6週間
ぶりの安値をつけた。
    
    NY外為市場:[USD/J]
    
    <債券> 国債価格が上昇。米株価急落を受け、米債への逃避買いが膨らんだ。9月
の米利上げ観測が後退するなか、米債への投資妙味が高まっている。
    取引終盤、指標10年債利回り は2.06%に低下。前日終盤は2.0
8%、前週は2.20%となっていた。米短期金利(店頭取引)も低下し、市場で見込ま
れている9月の利上げ観測が一段と後退していることが示された。
    
    米金融・債券市場:[US/BJ]
    
    <株式> 大幅続落して取引を終えた。中国経済の減速懸念が強まり世界的に株価を
押し下げた。週間でも3指数全てが下落。ダウとS&Pはともに約5.8%値下がりした
。S&Pは週間でも2011年9月以来の大きな下落を記録した。ナスダックは約6.8
%の値下がりだった。
    今年に入り米株式市場では比較的荒れた値動きが少なかったが、21日に発表された
8月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が約6年半ぶりの低水準に落ち込み、中
国株式市場が再び下落したことで、投資家を狼狽売りに走らせた。ただ、市場では株価下
落が長くは続かないのではないかとし、来週にも上昇に転じることを期待する見方もある
。
    
    米国株式市場:[.NJP]
    
    <金先物> 中国経済の先行き懸念やドル安を背景に3日続伸した。中心限月12月
物は前日比6.40ドル高の1オンス=1159.60ドルと、清算値ベースとしては7
月8日(1163.50ドル)以来約1カ月半ぶりの高値を付けた。
    
    NY貴金属:[GOL/XJ]
    
    <米原油先物> 中国などの景気減速懸念を背景に反落し、米国産標準油種WTIの
中心限月10月物は一時1バレル=39.86ドルと、約6年半ぶりに40ドルを割り込
んだ。清算値は前日比0.87ドル(2.1%)安の1バレル=40.45ドル。11月
物は0.90ドル(2.1%)安の41.19ドルだった。
    
    NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below