October 2, 2015 / 1:28 AM / 3 years ago

9月末マネタリーベースは338兆円、紙幣が12年半ぶりの伸び

[東京 2日 ロイター] - 日銀が2日発表した市中の現金と金融機関の手元資金を示す日銀当座預金残高の合計であるマネタリーベース(資金供給量)の9月末の残高は338兆4353億円となり、14カ月連続で過去最高を更新した。   日銀は、マネタリーベースを年間約80兆円増やすペースで国債を中心とした金融資産の買い入れを続けており、今年末見通しの350兆円程度に向けて積み上げは順調に進んでいるとみている。   9月中のマネタリーベースの平均残高は、前年比35.1%増の332兆1941億円で過去最高を更新。マネタリーベースの構成要因ごとの月中平均残高は、金融機関の手元資金を示す当座預金が前年比52.4%増の236兆1564億円、紙幣は同5.9%増の91兆3980億円、貨幣は同0.7%増の4兆6397億円だった。   紙幣は今年度に入って伸び率を高めており、2003年3月の同6.3%増以来の伸びとなった。 (竹本能文)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below