Reuters logo
EU離脱支持する英国民が急増、移民問題で=世論調査
October 23, 2015 / 3:59 AM / 2 years ago

EU離脱支持する英国民が急増、移民問題で=世論調査

[ロンドン 22日 ロイター] - 22日に公表されたイプソス・モリの世論調査によると、英国が欧州連合(EU)にとどまることを支持する国民の割合が、過去4カ月で急速に低下した。欧州に大量の難民と移民が押し寄せていることで、多くの有権者がEU離脱支持にシフトしたとみられている。

英国では2017年末までに、EU離脱の是非を問う国民投票が行われる。

調査では、EU加盟継続に投票すると答えた回答者の割合は全体の52%で、6月に記録した過去最高の61%から急低下した。一方、離脱を支持する回答者の割合は39%で、6月の27%から上昇したほか、2012年以来最高水準に達した。

これにより、加盟継続を支持する回答のリード幅が、6月の34%ポイントから13%ポイントと、半分以下に縮小した。

キャメロン首相は、英国の権限回復、労働者の自由移動規制、EUの移民に対する恩恵の削減などの変革が実現すれば、英国の加盟継続を提唱したいとしている。ただ世論は安定せず、イプソス・モリの調査では2012年時点で離脱支持が優勢だったが、その後賛否の割合が逆転している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below