November 6, 2015 / 10:13 PM / 5 years ago

米金融・債券市場=2年債利回り5年半ぶり高水準、雇用統計受け

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 
    30年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時05分   95*29.00=3.0861%
        前営業日終盤    97*16.00=3.0025%
    10年債 (指標銘柄)    
      米東部時間17時04分   97*05.50=2.3252%
        前営業日終盤    97*30.00=2.2359%
    5年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時05分   98*09.75=1.7321%
        前営業日終盤    98*24.50=1.6339%
    2年債 (指標銘柄)    
      米東部時間16時57分   99*23.25=0.8899%
        前営業日終盤    99*27.00=0.8295%
        
    6日の米金融・債券市場では、堅調な米雇用統計を受け12月米利上げ観測が強まる
中、2年債利回りが5年半ぶりの高水準に達した。
    朝方発表された10月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が27万1000人増と
、昨年12月以来の大幅増となった。市場予想の18万人増も上回った。失業率も、20
08年4月以来7年半ぶりの水準となる5.0%に低下した。
    2年債利回りは は一時0.958%に上昇し、2010年5月以来の高水
準をつけた。3年債利回り は4年半ぶりの水準となる1.281%、5年債利
回り も約5カ月ぶりの水準となる1.774%にそれぞれ上昇した。
    指標10年債利回り も約3カ月ぶりの高水準となる2.349%をつけ
た。
    オッペンハイマーファンズの最高投資責任者(CIO)、クリシュナ・メマニ氏は「
この先12月半ばまでに発表される指標が著しく弱い内容とならなければ、FRBが12
月に動く公算は極めて大きい」と述べた。
    CMEグループのフェドウォッチによると、米金利先物市場では、FRBが70%の
確率で12月15━16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切るとの
見方が織り込まれた。前日は58%だった。
    終盤の取引では、10年債は22/32安、利回りは2.327%。2年債は3/3
2安、利回りは0.890%。
    週間では、2年債利回りが2月初旬以来、3─10年債利回りが6月以来、30年債
利回り が8月終盤以来の大幅な伸びを記録する見通し。
    Tボンド先物12月限 は1─25/32安の152━10/32。
    Tノート先物12月限 は25/32安の126━1.50/32。    
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>
                                          LAST      Change
U.S. 2-year dollar swap spread             9.50     (+2.00)
U.S. 3-year dollar swap spread             6.25     (+2.75)
U.S. 5-year dollar swap spread            -5.00     (+2.25)
U.S. 10-year dollar swap spread          -10.00     (+2.00)
U.S. 30-year dollar swap spread          -39.25     (+3.25)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below