November 17, 2015 / 6:07 AM / 4 years ago

〔マーケットアイ〕金利:国債先物が続伸で引け、長期金利は横ばいの0.300%

[東京 17日 ロイター] -

<15:05> 国債先物が続伸で引け、長期金利は横ばいの0.300%

国債先物中心限月12月限は前日比5銭高の148円54銭と続伸して引けた。朝方は上値を重くする場面があったが、良好な需給環境が意識されて底堅く推移。5年利付国債入札結果が順調な内容になると買い戻しが入り、上げ幅を広げる場面もあった。

現物市場は中長期ゾーンを中心に底堅く推移。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.300%で推移。

短期金融市場で無担保コール翌日物の加重平均レートは0.07%台後半と前日(0.078%)並みか、前日を小幅下回る見通し。地銀、信託、証券を主な取り手に、0.075─0.077%を中心に取引された。ただ、前日に比べて大手行の調達圧力が弱かった。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

新発1年物国庫短期証券(TB)の入札で、最高落札利回りはマイナス0.0576%と前回(マイナス0.0358%)からマイナス幅を拡大し、1年物として過去最低を更新した。

<12:59> 5年債入札結果はしっかり、国債先物強含みで推移

財務省が午後0時45分に発表した5年利付国債入札結果で、最低落札価格は100円29銭となった。また、平均落札価格は100円30銭で、落札価格の平均と最低の開き(テール)は1銭となり前回(1銭)と同水準になった。応札倍率は4.11倍と前回(2.79倍)を大幅に上回った。

入札についてSMBC日興証券・金利ストラテジストの竹山聡一氏は「最低落札価格は事前予想の範囲内で、応札倍率4倍台と高くなったことなどから、しっかりした入札結果と見て良いだろう。需給への不安要素がない中、投資家のニーズが強まったようだ」と評価した。また、日銀オペ見合いの需要や一定程度のショートカバーニーズもあったとの観測が出ていた。

国債先物はしっかりした入札結果を受けて強含みで推移している。

<12:38> 1年物TB入札は堅調、落札利回り過去最低を更新

財務省が午後0時35分に発表した新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.0576%と前回(マイナス0.0358%)からマイナス幅を拡大した。平均落札利回りはマイナス0.0655%だった。落札利回りは1年物として過去最低を更新した。

市場では「品薄感が強まる中、堅調な入札結果だ。日銀買い入れオペをにらんだニーズが一段と強まった印象を受ける」(国内金融機関)とみている。

<11:24> 5年債入札、最低落札価格は100円28銭近辺か

財務省が午後0時45分に発表する5年利付国債(表面利率0.1%)の入札結果で、最低落札価格は100円28銭近辺になるとの見方が出ている。

入札の新発5年債は午前、0.040%(オファー)─0.045%(ビッド)の気配で、出合いは0.040%。若干調整されたとの指摘がある。

<11:08> 国債先物は小幅続伸、長期金利変わらず0.300%

国債先物は小幅続伸で午前の取引を終えた。5年債入札を前にしたヘッジも観測されていたが、値ごろ感からくる買いがやや優勢になった。現物債はほぼ横ばい。手掛かりとなる材料が乏しい中、入札を控えて模様眺めとなる市場参加者が多くなった。入札は日銀オペ見合いの需要や一定のショートカバーニーズが期待できるため、無難に通過するとみられている。

長期国債先物中心限月12月限の前引けは、前営業日比4銭高の148円53銭。10年最長期国債利回り(長期金利)は同変わらずの0.300%。

午前の短期金融市場では、無担保コール翌日物金利は0.075─0.078%近辺で取引された。主な取り手は地銀、信託で、大手行はビッドを切り下げた。きょう入札の新発1年物国庫短期証券(TB)の最高落札利回りはオペ見合いの需要などから前回よりマイナス幅が深くなるとみられている。日銀は8日物の米ドル資金供給オペをオファーした。ユーロ円3カ月金利先物は閑散。

<10:35> 5年債入札を通告、ショートカバーニーズに期待

財務省は午前10時半、5年債入札を通告した。利率0.1%で第125回債のリオープン発行となり、発行予定額は2兆5000億円。

入札について市場では「利回りの絶対水準に魅力はない。ただ、5年125回債の日銀保有割合は高く、需給が引き締まっているため、日銀オペ見合いの需要や一定のショートカバーニーズが期待できる」(国内証券)と指摘したうえで、無難な結果に収まるとみている。

足元の5年125回債は出合っていない。気配は0.040%ビッド、0.035%オファー。

<08:50> 国債先物が小幅続伸スタート、入札前の調整で上値重い

国債先物中心限月12月限は前営業日比1銭高の148円50銭と小幅続伸で寄り付いた。市場では「前営業日対比で横ばい圏の立ち上がりと見て良いだろう。きょうは5年利付国債の入札があるため、徐々に調整色が強まる可能性があり、上値を重くすると思われる」(国内金融機関)とみている。足元では148円48銭近辺でのもみあい。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below