Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、グローバル投資家は日本株に強気継続
2015年11月18日 / 01:55 / 2年後

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、グローバル投資家は日本株に強気継続

[東京 18日 ロイター] -

<10:50>  日経平均は小動き、グローバル投資家は日本株に強気継続

日経平均は小動き。1万9800円近辺でもみ合っている。

バンクオブアメリカ・メリルリンチが発表した11月のファンドマネージャー調査によれば、グローバル投資家による日本株の配分状況はプラス28%と前月から5%ポイント増加し、引き続きオーバーウエートとなった。欧州に次いで2番目。国内の企業業績や景気に対する懸念は後退し、日本株は割安との見方が維持されているという。調査は11月6日─12日に実施された。

<10:07>  日経平均は堅調持続、不動産が買われる

日経平均は堅調持続、1万9800円付近で推移している。不動産、その他金融、医薬などが高い。鉄鋼、鉱業、電気・ガスはさえない。市場では「12月米利上げの確度が高まり、円安期待が相場の支えになっている。足元で米系、欧州系証券の先物買いが目立つ。政策期待に加え、テロから遠い国として海外からの資金が日本株に振り向けられている可能性もある」(国内証券)という。

<09:09>  寄り付きの日経平均は続伸、1万9800円台を回復

寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比141円23銭高の1万9771円86銭と続伸。その後1万9800円台に乗せ、8月20日以来、約3カ月ぶりの高水準となっている。米国株は高安まちまちとなったが、ドル/円 は123円台前半と円安水準を維持。政策期待などを支えに先高観が強く、幅広く買われている。

<08:24>  寄り前の板状況、主力輸出株はほぼ買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、キヤノン は売り優勢だが、トヨタ自動車 、ホンダ 、ソニー など主力輸出株はほぼ買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ソフトバンク も買い優勢。

三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ などメガバンクも買い優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below