for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場サマリー(12日)

[12日 ロイター] -    
  (カッコ内は前営業日比)

  FT100種総合株価指数(ロンドン) 
   終値      5707.60(+170.63)
  前営業日終値   5536.97(‐135.33)

  クセトラDAX指数(フランクフルト) 
   終値      8967.51(+214.64)
  前営業日終値   8752.87(‐264.42)

  CAC40種平均指数(パリ) 
   終値      3995.06(+98.35)
  前営業日終値   3896.71(‐164.49)
    
    <ロンドン株式市場>  FT100種総合株価指数 は170.63ポイント
(3.08%)高の5707.60で取引を終えた。1日の上昇率としては、約5カ月ぶ
りの大きさだった。銀行や1次産品関連が持ち直し、全体水準を押し上げた。
    鉱業株指数 が8.82%、原油・天然ガス株指数 は5.9
0%上昇した。主要な産業用金属の価格上昇や、協調減産に言及したアラブ首長国連邦(
UAE)エネルギー相の発言で原油が約10%値上がりしたことが材料視された。
    FT350種銀行株指数 は前日につけた約7年ぶりの安値から持ち直し
、5.43%上昇した。銀行は、低成長、低金利の環境が続くことで収益性が不安視され
ていたが、ドイツのコメルツ銀行 の決算が好調だったことで欧州の銀行株が広
く買われた。
    英国のスタンダード・チャータード(スタンチャート) とバークレイズ<BAR
C.L>はそれぞれ11.0%と6.3%の値上がりとなった。
    エンジニアリング大手のロールスロイス は14.3%高。昨年3度にわたって
収益悪化の見通しを示したが、今年は業績見通しを据え置いた。一部エンジンの需要低下
で通期利益が16%減となり、配当を半分に減らしたが、財務強化に向けた動きとして前
向きに受け止められた。
    AJベル の投資ディレクター、ラス・モウルド氏は「さらなる収益悪化見通しを示
さなかったことや、配当がなくなると多くの人が恐れていた中、半減にとどまったことで
投資家は安堵した」と話していた。    
    
    <欧州株式市場> 大幅反発。ドイツ銀行とコメルツ銀行が大きく値上がりし、全体
水準を押し上げた。
    FTSEユーロファースト300種 は36.33ポイント(3.04%)高
の1232.09で取引を終えた。ただ今週は値下がりが続いていたことから週間ベース
では約4%下落した。
    DJユーロSTOXX50種指数 は75.81ポイント(2.83%)
高の2756.16だった。
    ドイツ銀行 は11.8%高。50億ドル相当の上位債を買い戻すと発表し
たことで、利払い能力不足を懸念する見方が後退した。
    ライバルのコメルツ銀行 は18.0%の値上がり。第4・四半期決算が黒
字に戻ったことが好感された。
    低成長と低金利の環境が続く中で銀行の業績が不安視されたことから、STOXX欧
州600銀行株指 は今週、数年来の安値をつけたが、この日は5.60%上昇し
た。ドイツのクセトラDAX指数 は2.45%の上昇だった。
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up