February 17, 2016 / 5:37 AM / 4 years ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、不安定な動き続く

[東京 17日 ロイター] -

<14:32>  日経平均は安値圏、不安定な動き続く

日経平均は安値圏、1万5700円付近で推移している。石油・医薬品などが安い。市場では「戻り待ちの売り圧力が強い。年金系の資金が断続的にパッシブを売り、アクティブで個別銘柄に入れ替える動きがみられ、指数の動きが不安定になっている面もある」(大手証券)との声が出ている。

<13:37>  日経平均が下げ幅拡大、ソフトバンクの上昇一服で売りに勢い

日経平均が下げ幅を拡大。前日比で300円を超す下げとなっている。

市場では「朝方からトヨタ やメガバンクなどが売られ、地合いが弱かったところに、前場に指数を支えていたソフトバンク の上昇が一服し、売りに勢いがついた格好だ。アジア株のマイナス転換やドル安/円高の動きも重し」(国内証券)との声が出ている。

<12:41>  日経平均は後場一段安、前日比200円超の下げ

日経平均は後場に入り一段安。前日比で200円を超す下げとなった。足元では1万5900円近辺で推移している「米原油先物がアジア時間で下げ足を強めており、投資家心理の悪化につながっている」(国内証券)との声が出ている。

<11:35>  前場の日経平均は3日ぶり反落、ドル安/円高が重荷に

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比26円17銭安の1万6028円26銭となり、3日ぶりに反落した。寄り付き後は買い戻しが入り、上げ幅は一時160円となったが、戻り売りに押された。人民元の対ドル基準値が元安方向に設定されたことを受け、ドル/円 が113円台後半まで弱含むと日経平均も下げに転じた。

前引け時点でトヨタ 、富士重工業 が2%超安となるなど、自動車の一角がさえない。メガバンクもマイナス圏となっている。一方、15日に大規模な自社株買いを発表したソフトバンクグループ が連日の大幅高となり、1銘柄で日経平均を約63円押し上げる要因となった。

日経平均は1万5900円台前半まで下落した後は、下げ渋る動きも見せ、前場後半は1万6000円を挟み一進一退を続けた。「日経平均の予想PER(株価収益率)が13倍に差し掛かれば、過去をみても下げ止まることが多いが、目先のところリバウンドが弱い。2月12日に付けた安値が底値になったかはまだ微妙であり、立ち直るにはまだ時間がかかりそうだ」(水戸証券投資情報部長の須田恭通氏)との声が聞かれた。

東証1部の騰落数は、値上がり1104銘柄に対し、値下がりが697銘柄、変わらずが134銘柄だった。

<10:57>  日経平均は安値圏、自動車関連がさえない

日経平均は安値圏。1万5900円台で推移している。足元でトヨタ が2%超安となるなど、自動車関連がさえない。「人民元の対ドル基準値が元安方向で設定され、ドルが114円を割れたことが投資家心理を冷やしている」(国内証券)との声も出ている。

<10:34>  日経平均は下げに転じる、一時1万6000円割れ

日経平均は下げに転じ、1万6000円を割り込む場面があった。「仕掛け的な売りとしては値幅が小さい印象。どちらかというと上昇局面での戻り売り圧力と見た方がいいのではないか。原油相場や為替市場の不透明感が残っており買い材料は乏しい」(中堅証券)との声が出ている。

<10:00>  日経平均は上げ幅拡大、買い戻しが継続

日経平均は上げ幅拡大。一時1万6200円台を回復した。海運、情報・通信が買われているほか、電機、機械も高い。「朝方発表の機械受注統計で1─3月の機械受注見通しが前期比8.6%増と予想外に高い数字となったことで、機械株の一角が素直に反応しているが、全体は買い戻しの域を出ない。ポジションを巻き戻した売り方は再度仕掛けるタイミングを狙っている可能性もある」(国内証券)との声が出ている。

<09:06>  寄り付きの日経平均は反落後プラス転換、ハイテク関連が堅調

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比19円08銭安の1万6035円35銭となり、反落して始まった。前日の米国株は上昇したものの、為替がややドル安/円高方向に振れたことで、売りが先行。ただその後はプラスに転じた。電子部品やハイテク関連の一角に買いが入っている。業種別では海運、情報・通信がしっかり。石油関連株は軟調となっている。

<08:23>  寄り前の板状況、メガバンクは売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 はやや買い優勢だが、ホンダ 、キヤノン 、ソニー 、パナソニック は売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り優勢に対し、ファナック は買い優勢。三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ などメガバンクはそろって売り優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below