for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル堅調、8カ月ぶり高値近辺

[シドニー/ウェリントン 14日 ロイター] - 週明け14日のオセアニア外国為替市場では、豪ドルが8カ月ぶり高値近辺で推移している。ニュージーランド(NZ)ドルは材料難で小動き。

豪ドルの対米ドル相場 は1豪ドル=0.7568米ドル。11日には昨年7月以来の高値0.7583米ドルをつけた。この水準を上抜けると主要なフィボナッチ・リトレースメント水準である0.7655米ドルを試す展開となる。

豪ドルは今月に入って既に0.04米ドル上昇。米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩やかにするとの観測から、幅広い通貨に対して米ドルが下落していることが背景。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では金利据え置きがほぼ確実視されているが、アナリストは会合後の会見で次の動きを示唆するコメントに期待している。

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したデータで、投機筋がより強気になってることが示されたことも、豪ドルを支援している。

中国の経済指標が失望する内容だったことや、鉄鉱石価格の大きな変動に対しては、豪ドルは驚くほどの底堅さを示している。

NZドルの対米ドル相場 は、0.6740米ドルでほぼ動かず。先週はニュージーランド準備銀行(中央銀行)によるサプライズ利下げを受けて一時0.6618米ドルまで値を下げたが、大幅に回復している。

ニュージーランド銀行(BNZ)のシニア市場ストラテジスト、キンバリー・マーティン氏は「こうしたイベントが為替相場に与える影響が大抵は長続きしないことを示している」と指摘した。

豪国債先物は数週間ぶり安値付近。3年債先物 は4.5ティック安の97.905、10年債先物 は横ばいの97.3175。20年債先物 は1ティック安の96.7825。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up