for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、米利上げ観測後退で

[シドニー/ウェリントン 29日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが上昇。米経済指標が失望を誘う内容となり、米利上げ観測が後退、魅力的な利回りを提供する豪・NZ両国の国債に資金が流入した。

豪ドルの対米ドル相場 は0.7551米ドルと、イースター休暇前の24日の0.7533米ドルから小幅高。今月つけた8カ月ぶり高値の0.7681米ドルが依然として射程圏内にある。

豪ドルは今月5.7%上昇しており、この水準を維持すれば、2011年以降最大の月間上昇率となる。こうした上昇の要因は主に米利上げ観測の後退を背景にした米ドル安。

市場筋によると、0.7560米ドルと0.7580米ドル近辺に売り圧力がみられる。下値支持線は24日の安値0.7477米ドル付近。

NZドルの対米ドル相場 は0.6736米ドルに上昇。前営業日の安値0.6670米ドルから切り返している。

市場が注目する次のイベントは、29日1620GMT(日本時間30日午前1時20分)に予定されるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演だ。

ANZのアナリストはリサーチノートの中で「国内のイベントがない中、イエレンFRB議長の講演があり、米ドルが引き続き相場を動かす要因になる」と指摘した。

豪国債先物は小幅上昇。3年債先物 は1ティック高の98.040、10年債先物 は0.5ティック高の97.4250。20年債先物 は1ティック高の96.8550。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up