March 31, 2016 / 11:41 AM / 3 years ago

東南アジア株式=大半が反落

[31日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が反落。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の発言で米国の早期利上げ観測が後退したものの、その効果が薄れる中、シンガポール、ホーチミン両市場が下げを主導した。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数は1.1%安で終了。1―3月では1.45%安。

ホーチミン市場のVN指数は1.5%下落し、終値ベースで2月29日以来の安値を付けた。銀行、エネルギー株主導で大半の大型株が値を下げた。1―3月では3.1%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.5%安、バンコク市場のSET指数は0.2%安。クアラルンプール市場の総合株価指数はほぼ変わらず。外国人投資家は1億0019万ドルの買い越しだった。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.6%高。外国人投資家は3099万ドルを買い越した。1―3月は5.5%高となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below