April 1, 2016 / 4:51 AM / 4 years ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は600円超安、先物に仕掛け売り

[東京 1日 ロイター] -

<13:45>  日経平均は600円超安、先物に仕掛け売り

日経平均は下げ幅が600円を超え、下値を探る展開となっている。市場では「チャート上の三角もち合いを下放れたことで、先行きの下降トレンドを見込んだ投機筋が先物に仕掛け的な売りを出している。北朝鮮のミサイル発射報道も売りの口実にされている」(国内証券)との声が出ている。

<13:33>  日経平均は軟調、ボラティリティ指数は上昇

日経平均は1万6200円台前半での値動きとなっている。日経平均ボラティリティ指数 は前日の22ポイント台から足元では27ポイント台まで上昇。3月中旬以来の水準となっている。「予想下振れとなった日銀短観により、ロング系を含め海外投資家が日本株を手放す動きが出ている。この傾向が続けば下値模索とならざるを得ず、警戒ムードが強まっている」(大手証券トレーダー)との見方が聞かれる。

<12:30>  日経平均は500円超安、先物売りで下げ幅拡大

日経平均は下げ幅を拡大。前日比で500円を超す下げとなった。ランチタイムに先物への売りが出た。足元では1万6200円台前半での値動きとなっている。

<11:35>  日経平均は大幅続落、短観下振れで心理悪化し1カ月ぶり安値

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比470円92銭安の1万6287円75銭と大幅に4日続落。取引時間中では3月1日以来、1カ月ぶりの安値を付けた。予想以上に悪化した3月日銀短観を受けて、投資家心理が冷え込み、幅広い銘柄に売りが先行。円高進行も嫌気され、日経平均の下げ幅は一時500円に迫った。

東証1部全体の9割超が値下がりし、全面安となった。3月中国製造業PMIの堅調な結果を受けて下げ渋る場面もあったが、反発力は鈍く、先物主導で安値を切り下げた。2017年3月期の減益予想が嫌気されたパナソニック やソニー 、ホンダ など外需セクターの下げが目立った。

東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏は「日銀短観で先行きの厳しさが示されたうえ、16年度の想定為替レートが117円46銭と実勢より円安に設定されたため、輸出企業を中心に業績下方修正懸念が強まり、売りを加速させた」とみていた。

東証1部の騰落数は、値上がり94銘柄に対し、値下がりが1823銘柄、変わらずが29銘柄だった。

<11:01>  日経平均は軟調継続、下げ幅400円超に

日経平均は軟調継続。下げ幅は400円超となっている。予想を上回った3月中国製造業PMIなどを受けて下げ渋る場面もあったが、1ドル112円台前半へと円高に進んだ為替が重しとなり、株価は下値模索の展開となっている。「今晩の米雇用統計やISM製造業景気指数などを見極めたいとして買いが入りにくく、ずるずると売りに押されている」(国内証券)という。

<09:53>  日経平均は下げ幅300円超、期初の益出し売り観測も

日経平均は下げ幅が300円を超え、1万6400円台で推移している。東証業種別指数は全面安。市場では「意外感のある売りが先行した。国内プロパー勘定の期初の益出し売りとの観測もある」(先物取引業者)との見方が出ている。

<09:25>  日経平均は下げ幅200円超、政策催促する動き

日経平均は一段安。下げ幅は200円を超え、1万6500円台前半まで安値を切り下げた。寄り前に発表された日銀短観では、大企業製造業DIがプラス6と事前予想のプラス8を下回り、同先行きもプラス3(予想はプラス6)と弱かった。事前には政策期待が高まるとの見方があったが、「国内景況感の悪化を受けて政策を催促するような動きが強まっている」(国内証券)という。

<09:08>  寄り付きの日経平均は4日続落、日銀短観が予想下振れ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比39円11銭安の1万6719円56銭と4日続落した。前日の米国株が高安まちまちとなり、手掛かり材料に乏しいなか、日銀短観の予想下振れなどが重しとなった。外為市場でやや円高方向に振れていることも売り材料。日経平均は寄り後も下げ幅を拡げ、150円を超す下げとなっている。

<08:16>  寄り前の板状況、主力株は軒並み売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン 、ソニー 、パナソニック など主力輸出株が売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック なども売り優勢となっている。

三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ などメガバンクも売り優勢。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below