April 5, 2016 / 10:26 AM / 3 years ago

東南アジア株式=総じて下落、米FOMC議事要旨待ち

[ジャカルタ 5日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落。原油安や米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨発表を控えた不透明感を背景とする世界的な株安の流れに追随した。

0900GMT(日本時間午後6時)時点で、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) は1.45%安の2794.23。一時1.8%下落し、3月9日以来の安値を付けた。バンコク市場のSET指数 は1.64%安の1377.36。

シンガポール政府系複合企業セムコープ・インダストリーズ が3.4%安で下落率上位となった。国営タイ石油会社(PTT) は1.8%安。

BNI証券(ジャカルタ)のアナリスト、アンドリ・ザカリアス氏は、FOMC議事要旨公表を前に利益確定売りの動きも出ていたと指摘した。

マニラ市場の主要株価指数PSEi は0.49%安の7219.23、クアラルンプール市場の総合株価指数<.KLSEは0.42%安の1718.08。 ジャカルタ市場の総合株価指数 は0.16%高の4858.07、ホーチミン市場のVN指数 は0.81%高の560.32と逆行高だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below