April 18, 2016 / 6:56 AM / 4 years ago

〔マーケットアイ〕金利:19日に5年債入札、落札利回りは過去最低を更新か

[東京 18日 ロイター] -

<15:45> 19日に5年債入札、落札利回りは過去最低を更新か

19日に5年債入札が行われる。表面利率は0.1%で第127回債のリオープン発行となる見込み。発行額は2兆4000億円程度と前回から1000億円減額される。

5年127回債利回りは18日の取引で一時マイナス0.240%と3月18日以来、約1カ月ぶりの水準に低下。「追加利下げを織り込むような利回り水準」(国内証券)という。入札での最高落札利回り水準は、前回(マイナス0.132%)を大きく下回り過去最低となる可能性がある。

低い利回りを買い進む国内投資家は限定的とみられるが、日銀への売却を前提にした業者の需要やベーシススワップを活用して低コストで資金調達が可能な海外勢の需要に支えられ、無難に通過するとの見方が出ている。「少なくとも、入札は相場を崩す要因にならないのではないか」(国内金融機関)という。

<15:10> 国債先物が小幅続伸で引け、長期金利一時1カ月ぶり-0.130%

国債先物中心限月6月限は前日比2銭高の151円91銭と小幅続伸して引けた。週末に行われた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や主要産油国会合を受けて、リスクオフが再燃。熊本を震源とする地震の影響で、経済活動への影響も懸念されて、安全資産とされる国債が買われた。先物6月限は一時152円08銭と、中心限月ベースで3月9日以来、1カ月半ぶりの高値を付けた。ただ、午後に入ると、19日に5年債、21日に20年債と続く国債入札が意識されて、上値追いに慎重ムードが広がった。現物市場は、超長期ゾーンを中心にしっかり。超長期ゾーンはリスクオフの再燃で、金利は当面上がりにくくなったとの観測から、一部国内勢や海外勢などからの買いが観測された。20年債利回りは一時前営業日比3bp低い0.275%、30年債利回りは一時同3.5bp低い0.355%といずれも過去最低を更新した。

10年最長期国債利回り(長期金利)は一時同1.5bp低いマイナス0.130%と3月18日以来1カ月ぶりの水準に低下後、マイナス0.120%まで低下幅を縮めた。

無担保コール翌日物の加重平均レートはマイナス0.07%前後と前週末(マイナス0.01%)を大きく下回る見通し。日銀が当座預金の一部にマイナス金利(マイナス0.1%)を適用する政策を打ち出したことに伴い、信託銀行は新積み期入りとなったきょうから、投信に手数料を課す対応を取ったため、翌日物レートが急低下。資金出し手の投信から、深めのマイナス金利で運用希望を示す動きが目立った。新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.2045%と、過去最低を記録した前回(マイナス0.1531%)を下回った。ユーロ円3カ月金利先物はしっかり。全銀協が公表した4月18日のユーロ円TIBOR(東京銀行間取引金利)が低下した。3カ月物で0.089%(前営業日0.096%)、6カ月物で0.148%(同0.156%)。

<14:20> 20年債・30年債利回りが最低、4月追加緩和の確度増すとの声

超長期ゾーンが堅調。20年債利回りは一時前営業日比3bp低い0.275%、30年債利回りは一時同3.5bp低い0.355%といずれも過去最低を更新した。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や主要産油国会合、熊本地震といった内外の材料が重なり、リスクオフが再燃。金利は当面上がりにくくなったとの観測から、一部国内勢や海外勢などからの買いが観測された。

市場では、「産油国会合で原油増産凍結協議が物別れに終わった。サウジアラビアとイランの主導権争いが顕在化したことで今後の協議が一段と難しくなったとの印象だ。また、熊本地震で九州が南北で分断された格好となり、サプライチェーンの寸断など生産活動への影響は必至。4月追加緩和の確度が高まったのではないか」(国内金融機関)との声が出ている。

<12:55> 1年物TB入札結果は順調、落札利回りは過去最低

財務省が午後0時35分に発表した新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.2045%と、過去最低を記録した前回(マイナス0.1531%)を下回った。平均落札利回りもマイナス0.2155%と過去最低を更新した。

市場では「入札結果は順調との評価。15日の買い入れでオファー額は1兆円と前回(1.75兆円)から減額されたが、海外勢とみられる買いで入札が続いている。こうした流れに沿った結果だった」(国内金融機関)との声が出ている。

<12:35> 国債買い入れ結果がしっかり、国債先物は伸び悩み

日銀が「残存5年超10年以下」を対象にした国債買い入れ結果はしっかりとなった。落札結果によると、買入予定額4500億円に対して、応札額は1兆2325億円で、そのうち4505億円が落札された。案分利回り格差がマイナス0.017%、平均落札利回り格差がマイナス0.013%。

国債先物は伸び悩み。中心限月6月限は午後、152円ちょうどと午前終値(152円03銭)をやや下回って取引が始まった。市場では「日銀買い入れ結果はしっかり。ただ、午後の相場で反応が限られていることを踏まえると、オペはオペとして、割り切って考えている参加者が増えているのではないか」(証券)との声が出ている。

<11:20> 国債先物が続伸で前引け、長期金利は1カ月ぶり‐0.125%

国債先物中心限月6月限は前営業日比14銭高の152円03銭と続伸して午前の取引を終えた。週末に行われた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や主要産油国会合を受けて、リスクオフが再燃。熊本を震源とする地震の影響で、経済活動への影響も懸念されており、安全資産とされる国債が買われた。先物6月限は一時152円08銭と、中心限月ベースで3月9日以来、1カ月半ぶりの高値を付けた。

現物市場は長期・超長期ゾーンを中心にしっかり。10年最長期国債利回り(長期金利)は同1bp低いマイナス0.125%と3月18日以来1カ月ぶりの水準に低下。20年超長期国債利回りは一時前営業日比2.5bp低い0.280%と3月18日の過去最低(0.290%)を更新した。

午前の短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.08─マイナス0.05%を中心に取引された。準備預金の新積み期に入ったきょうから、信託銀行が投信に手数料を課す対応を取ったため、資金の出し手である投信が深めのマイナス金利で運用希望を示している。加重平均レートはマイナス0.08%付近と前営業日(マイナス0.010%)を大きく下回っている。

午後に発表される新発1年物国庫短期証券の入札結果で、最高落札利回りは前回(マイナス0.1531%)を下回る見通し。

<10:14> 日銀が国債買い入れを通告、対象は長期と変動利付

日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。対象は「残存5年超10年以下」(買入予定額4500億円)と「変動利付債」(同1000億円)で、変動利付債は前回から200億円減額された。

国債買い入れの通告は事前予想通り。国債先物の反応も限られている。

<09:45> 20年債利回りが過去最低を更新、リスクオフでフラット化圧力

20年超長期国債利回りは一時前営業日比2.5bp低い0.280%と3月18日に付けた過去最低(0.290%)を更新した。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、通貨安競争回避の方針を確認。また、主要産油国会合で、原油増産凍結協議が物別れに終わったことで、リスクオフが再燃。「原油安・期待インフレ率の低下というロジックが働き、フラット化圧力がかかりやすくなっている」(証券)という。

<09:20> 国債先物が続伸で寄り付く、G20など受けリスクオフ再燃も

国債先物中心限月6月限は、前営業日比13銭高の152円02銭と続伸して寄り付いた。 週末に行われた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議や主要産油国会合を受けて、リスクオフ再燃の思惑が浮上。熊本を震源とする地震の影響で、経済活動への影響も懸念されており、安全資産とされる国債が買われて取引が始まった。

現物債は動意薄。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物<0#2JGB:>

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む 日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物<0#FYB:>

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below