May 18, 2016 / 11:26 AM / in 3 years

東南アジア株式=米利上げ観測で軟調

[ 18日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)当局者の利上げをめぐる発言を受け下落ないしほぼ変わらずで終了した。

米ダラス連銀のカプラン総裁は17日、6月か7月の利上げを支持すると表明。また、別の2人の当局者も、年内に最大3度の利上げを予測するとした。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) は0.14%安。年初からの下げ幅は3.5%に達した。

バンコク市場のSET指数 は0.43%安。銀行株の下げが目立った。国内3位のサイアム商業銀行 は1.6%安。

ホーチミン市場のVN指数 は0.37%安。前日は終値ベースで約10カ月ぶり高値を付けていた。

ジャカルタ市場の総合株価指数 は0.11%高と、4日ぶりに反発した。原油先物が年初来高値付近で推移する中、エネルギー株が上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below