Reuters logo
上海外為市場=人民元、対ドルで上伸
2016年5月23日 / 05:11 / 2年後

上海外為市場=人民元、対ドルで上伸

[上海 23日 ロイター] - 週明け23日の上海外国為替市場の人民元の対ドル相場は上伸。幅広い通貨に対するドルの軟調が背景だが、6月の米国の利上げ観測の高まりや中国企業による海外資産の購入拡大を踏まえ、トレーダーらは人民元相場に対する弱気な見方を崩していない。

上海の欧州系銀行のトレーダーによると「アジア時間帯午前の取引でドル相場は下落した。投資家はより低いコストでドルを買い付けた」という。

人民元の対ドルのスポット相場は1ドル=6.5430元で寄り付き、正午ごろは前週末終値比0.05%元高/ドル安の6.5461元で取引された。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日の取引開始前に、人民元の対ドル基準値を1ドル=6.5455元と、前営業日基準値比0.08%元高・ドル安水準に設定した。

米国の早期利上げ観測が高まる中、人民元の対米ドル相場は5月初め以降圧迫されている。

またトレーダーらによると、中国企業による海外企業の買収が増える中、国内市場での中国企業のドル需要が年初来増加している。

オフショア市場の人民元相場は最近、こうしたトレンドをより緊密に反映している。正午ごろのオフショア市場の人民元相場はオンショア市場比0.21%元安/ドル高の1ドル=6.5602元。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below