Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(17日)
2016年8月17日 / 06:26 / 1年後

東京マーケット・サマリー・最終(17日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                             ドル/円         ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後5時現在                 100.71/73        1.1268/72           113.49/53
 NY午後5時                   100.30/35        1.1277/82           113.11/15
 
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の100円後
半。前日の海外時間に99円半ばまで売られたドル/円は、東京時間には買い戻しが優勢となっ
て101円を回復。その後は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表を控えて様子
見ムードとなり、小動きが続いた。

 レポート全文:        
-------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>
 日経平均           16745.64円                (149.13円高)
 安値─高値       16596.26円─16772.11円                     
 東証出来高         17億5182万株                               
 東証売買代金       2兆0728億円                                
 
    東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。円相場がニューヨーク時間で一時1ドル9
9円台半ばへと上昇したものの、東京時間では一時1ドル101円台に下落。円高進行に一服感
がみられたことで指数は上値を切り上げた。先物市場に買い戻しの動きが出たほか、主力大型株
が強含み、終日堅調な展開だった。

    東証1部騰落数は、値上がり927銘柄に対し、値下がりが919銘柄、変わらずが127
銘柄だった。
  
 レポート全文:      
-------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時10分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベー   -0.044%                           
 ス)                                                
 ユーロ円金先(16年12月限)        99.965           (変わらず)
 安値─高値                        99.960─99.975                     
 3カ月物TB                       ───           
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.044%になった。準
備預金の積み初期で資金調達意欲が弱かった。ユーロ円3カ月金利先物が期先にかけしっかり。
新発1年物国庫短期証券(TB)の入札結果で、最高落札利回りはマイナス0.2410%、平
均落札利回りはマイナス0.2480%と前回(最高:マイナス0.3289%、平均:マイナ
ス0.3587%)に比べて上昇した。

 レポート全文:        
-------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 
 国債先物・16年9月限              151.33              (-0.18)
 安値─高値                       151.27─151.50                        
 10年長期金利(日本相互証券引け値  -0.085%            (+0.015)
 )                                                    
 安値─高値                       -0.080─-0.090%                      
  
    国債先物中心限月9月限は前日比18銭安の151円33銭と反落して引けた。前日の海外
市場で、米連邦準備理事会(FRB)高官の発言をきっかけに年内米利上げ観測が再燃。米債が
下落したことを受けて売りが先行した。18日の5年債入札を警戒した売りも出た。いったん下
げ渋る場面もあったが、日銀が実施した国債買い入れ結果が需給の緩みを映す内容になると、午
後取引開始直後から水準を切り下げた。現物市場は中長期ゾーンを中心に軟調。10年最長期国
債利回り(長期金利)はマイナス0.085%に上昇した。

 レポート全文:        
-------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場> 16時26分現在の気配
 2年物    0.01─-0.09
 3年物    0.00─-0.09
 4年物    0.01─-0.09
 5年物    0.02─-0.08
 7年物    0.05─-0.04
 10年物   0.13─0.03
 
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below