Reuters logo
ロンドン株式市場=続落、月間は3カ月連続プラス
2016年8月31日 / 18:36 / 1年後

ロンドン株式市場=続落、月間は3カ月連続プラス

[ロンドン 31日 ロイター] - 
 <株式指数>                              終値       前日比          %      前営業日終値  コード
 FT100種                           6781.51       -39.28       -0.58           6820.79          
    
    ロンドン株式市場は続落した。エネルギーや鉱業株が売られ全体水準を押し下げた。
ただFT100種指数は、月間ベースでは約0.8%上昇し、3カ月連続のプラスとなっ
た。
    31日はエネルギー株がFT100種を15.8ポイント押し下げた。米エネルギー
省が発表した統計で原油在庫が大幅に増え、エネルギー株は一段安となった。
    金属価格の下落に伴い鉱業株も落ち込んだ。資源大手のリオ・ティント と産
金大手のランドゴールド・リソーシズ 、資源大手アングロ・アメリカン 、
鉱山大手のBHPビリトン 、金・銀生産のフレスニロ は2.1%から5
.0%下落した。
    一方、銀行株は買われた。ロイズ・バンキング・グループ とHSBC<HSBA.
L>、バークレイズ は0.8%から1.8%上昇した。堅調な英経済指標が買い材
料となった。ドイツ銀行の最高経営責任者(CEO)が業界内の合併・買収(M&A)が
必要と訴えたことも材料視された。
    市場調査会社GfKが公表したデータによると、8月の英消費者信頼感指数は、英国
の欧州連合(EU)離脱決定後の落ち込みからいくぶん回復した。英住宅金融会社ネーシ
ョンワイドが発表した8月の住宅価格の上昇率は市場予想を上回った。住宅建設のバーク
レー・グループ は、FT100種の構成銘柄から外れることが懸念されているに
もかかわらず、3.0%高とFT100種で最も大きく伸びた。
    外食経営のレストラン・グループ は5.9%下落した。シティグループが投
資判断を「売り」に引き下げたことが嫌気された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below