Reuters logo
UPDATE 1-為替動向を十分注視して適切な政策運営をしたい=黒田日銀総裁
2016年9月26日 / 09:01 / 1年後

UPDATE 1-為替動向を十分注視して適切な政策運営をしたい=黒田日銀総裁

(内容を追加しました)

[大阪市 26日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は26日午後大阪市内で記者会見し、21日に新たな金融緩和の枠組み「イールドカーブ・コントロール(制御)」を導入した後、ドル/円で1円程度進んだ円高について「為替の時々の変動についてはコメントを控える」としつつ、「動向を十分注視して政策運営したい」と強調した。

イールドカーブ制御では、10年の国債利回り(長期金利)についてゼロ%程度との目安を導入したにもかかわらず長期金利がその後マイナスで推移していること点に関しては、「少し上がったり沈んだりしても、政策が変わることはない」、「(日銀が)長期金利を制御できないことを意味しない」と一蹴した。

従来、日銀が最重要方針に掲げていた80兆円の国債買い入れを、新たな枠組みでは事実上「増減する」と柔軟化したため、市場では急激な買い入れ減額を懸念する向きもあるが「にわかに大きく減額はしない」と明言した。

10年超の金利の水準感については「短期と長期の2点の金利以外はどうでもいいというわけでない。適切なイールドカーブになるよう、短期・中期・長期・超長期国債をバランスよく買って行く」と述べた。

ヘリコプター・マネー政策の是非に関しては「ヘリマネが財政・金融政策の一体運営との意味であれば、そのような法制度になってない」と指摘。一方、財政政策と金融政策のポリシーミックスであれば問題ないとの認識を示した。

竹本能文 編集:田中志保

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below