Reuters logo
ユーロ圏には低金利必要、各国政府も責任果たすべき=ECB総裁
2016年9月28日 / 14:12 / 1年後

ユーロ圏には低金利必要、各国政府も責任果たすべき=ECB総裁

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は28日、独下院議会委員会で証言を行ない、ユーロ圏経済の成長回復に向け低金利が必要になっており、金利が通常の水準に戻ることを望むなら各国政府はそれぞれの責任を果たす必要があるとの考えを示した。

同総裁は「ECBの金融政策は成長と雇用の支えになってきた」とし、ECBの政策により最終的にはインフレ率を目標に引き上げることができると指摘。「将来的に金利をより高い水準に再び引き上げるためには、現時点で低金利が必要となっている」と述べた。

そのうえで「ECBの金融政策の恩恵を最大限引き出すには、各国政府のほか、欧州全体で他の機関も断固としてより多くの貢献を行なう必要がある」と述べた。

ECBの政策に対してはドイツが批判的な姿勢を崩しておらず、ECBと同国との間の緊張が高まるなかでの証言となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below