Reuters logo
UPDATE 2-国債買い入れ額、長期金利目標実現のため増減あり得る=黒田日銀総裁
2016年9月30日 / 05:36 / 1年後

UPDATE 2-国債買い入れ額、長期金利目標実現のため増減あり得る=黒田日銀総裁

(内容を追加しました)

[東京 30日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は30日の衆院予算委員会で、新たに導入した「長短金利操作付き量的・質的金融緩和(QQE)」の推進にあたり、現行ゼロ%程度としている長期金利の操作目標を実現するため、保有残高を年間80兆円程度増加させることをメドとした国債買い入れ額が「増減することはあり得る」と語った。

江田憲司委員(民進)の質問に答えた。

総裁は中央銀行が長期金利を操作する異例の政策について、「(短期金利を操作する)伝統的な金融政策でも金融市場に一定のコントロールを加えていた」とし、今回の政策は「コントロールの与え方が変わってきているということであり、金融政策の本質が変わったわけではない」と説明した。

また、金融緩和からの出口政策について総裁は「内部ではいろいろ議論している」と認めながらも、「実際に出口を出るときの経済、物価、金融情勢を踏まえて一番適切な出口政策をとる」と指摘。出口に至っていない時期尚早な段階で言及することは「かえって市場を混乱させる」との認識を示した。 (伊藤純夫)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below