Reuters logo
日銀総括検証「有意義」、諮問会議の民間議員が表明
2016年9月30日 / 09:41 / 1年後

日銀総括検証「有意義」、諮問会議の民間議員が表明

[東京 30日 ロイター] - 政府は30日、官邸で経済財政諮問会議(議長、安倍晋三首相)を開いた。日銀が行った金融政策の総括検証に関し、伊藤元重・学習院大教授ら民間議員は、市場と円滑な対話を進める観点から「有意義」との見解を示した。そのうえで、日銀にはイールドカーブ・コントロール(長短金利操作、YCC)による適切な金融政策運営を期待した。

民間議員は同日の会議で、デフレ脱却に向けた政府・日銀の連携に関する資料を提出した。政府が働き方改革や成長戦略で潜在成長力を引き上げる一方、日銀は政策の効果と副作用を精査しながら2%の物価目標をめざすべきとした。

このほか民間議員は「賃上げ等による物価上昇を通じて」物価目標を実現することが重要とも指摘。議員には榊原定征・経団連会長も名を連ねており、企業側も積極的な賃上げが欠かせないと判断したとみられる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below