Reuters logo
再送-〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.12ドル前半、ドイツ銀への米制裁金で不透明感続く
October 3, 2016 / 11:16 PM / a year ago

再送-〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.12ドル前半、ドイツ銀への米制裁金で不透明感続く

(本文中の脱字を補って再送します。)

[東京 4日 ロイター] -

<08:00> ユーロ1.12ドル前半、ドイツ銀への米制裁金で不透明感続く

ユーロは1.1211ドル付近。前日の高値1.1247ドルから弱含んでいるものの、安定的な値動き。ユーロ/円は114円付近。

市場ではドイツ銀 の財務の健全性に対する懸念が依然根強い。ただ、ユーロの反応はこれまでのところ限定的で、「ドイツ銀関連で良いニュースがあっても、それほど上がらない一方で、悪いニュースへの反応も鈍い」(外銀)という。

モーゲージ担保証券(MBS)の不正販売問題をめぐって、米司法省から最大で140億ドルもの制裁金支払いを求められているドイツ銀行は、11月の米大統領選前の決着に向け交渉を急いでいる。

巨額制裁金の可能性が嫌気され、ドイツ銀行の株価は過去最安値に下落。制裁金の減額に向けた交渉の行方が当面の焦点になっている。

AFPが9月30日、54億ドルへの減額で近く合意すると報道し、ドイツ銀行株は6%上昇した。ただし、報道は確認されていない。

10月2日付の米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると、ドイツ銀行はMBSの不正販売をめぐる問題で、米司法省との交渉を継続しているが、交渉内容は流動的で、ドイツ銀行幹部と司法省高官のどちらにも具体案はまだ提示されていないという。

前日はドイツ市場は祝日のため休場だったが、ドイツ銀の米預託証券は0.8%安となった。

<07:45> ドル101.00─102.20円の見通し、豪中銀は政策金利据え置き予想

ドル/円は101.65円付近、ユーロ/ドルは1.1212ドル付近、ユーロ/円は113.92円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が101.00―102.20円、ユーロ/ドルが1.1170─1.1270ドル、ユーロ/円が113.30―114.50円とみられている。

きょうは東京時間の午後0時半にオーストラリア準備銀行(RBA)の政策金利発表が予定されている。ロイター調査によると、RBAは政策金利を過去最低の1.50%に据え置く見通しだ。

調査対象のエコノミスト57人のうち11人が11月の利下げを予想しており、大半が2017年半ばまでに25ベーシスポイントの利下げがあると見込んでいる。

このため、きょうのRBA理事会の声明文で、利下げに前向きな姿勢が示されるか注目されている。

前日のニューヨーク市場では、米供給管理協会(ISM)が発表した9月の米製造業景気指数が51.5と節目の50を再び上回り、米長期金利が上昇、ドルも買い進まれた。

ただ、「ドルの上値は101.66円と東京市場の高値にも届かず、かえって上値の重さが確認された。102円台では戻り売りニーズも強そうだ」(外為アナリスト)という。

一方、英ポンドは、メイ英首相が欧州連合(EU)離脱に向けた交渉を来年3月末までに開始すると2日に表明したことを受け、ポンドがドルに対して31年ぶりの安値に接近、ユーロに対しては約3年ぶりの安値を付けた。

ポンド/ドルは一時1.2818ドルと、7月上旬に付けた31年ぶり安値まで0.005ドルに迫った。

ユーロ/ポンドは一時0.8748ポンドまで下落した。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below