Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(6日)
2016年10月6日 / 07:06 / 1年後

東京マーケット・サマリー・最終(6日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                ドル/円         ユーロ/ドル        ユーロ/円         
 午後5時現在    103.69/71        1.1195/99           116.09/13
 NY午後5時      103.50/52        1.1202/08           115.95/99
 
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べて小幅ドル高
/円安の103円後半。朝方103円前半から半ばで推移していたドルは、株高
を眺めて103.62円ま で上昇したが、あす発表の米雇用統計を見極めたい
とみる向きも多く、そこから積極的に買い進める動きは出なかった。その後、夕
刻に入るとドル/円はやや強含みの動きに転じている。

 レポート全文:        

<株式市場>
 日経平均          16899.10円             (79.86円高)
 安値─高値      16888.77円─16971.28                    
                   円                     
 東証出来高        17億0244万株                            
 東証売買代金      1兆8673億円                             
 
    東京株式市場で日経平均は4日続伸となった。前日の米国株高や1ドル10
3円台半ばへとドル高/円安に振れた為替などが買い手掛かりとなり、序盤から
買いが先行。ただ、日経平均が節目の1万7000円に近付くと戻り待ちの売り
や利益確定売りなどが出て、上値を押さえた。
    東証1部騰落数は、値上がり1116銘柄に対し、値下がりが714銘柄、
変わらずが151銘柄だった。
  
 レポート全文:      

<短期金融市場> 17時08分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベ   -0.020%                           
 ース)                                            
 ユーロ円金先(17年3月限)       99.980           (変わらず)
 安値─高値                      99.980─99.985                     
 3カ月物TB                     -0.375           (+0.024)
 安値─高値                      -0.375─-0.375                     
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.020
%になった。マイナス0.01%での調達が目立った。レポ(現金担保付債券貸
借取引)GCT+1レートはマイナス0.083%と小幅だがマイナス幅を縮小
した。TIBOR(東京銀行間取引金利)3月物は0.056%と横ばい。新発
3カ月物国庫短期証券(TB)の入札では、過度な落札利回り低下に対して慎重
姿勢が示された。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

 レポート全文:        

<円債市場> 
 国債先物・16年12月限            152.00           (-0.06)
 安値─高値                      151.94─152.05                     
 10年長期金利(日本相互証券引け   -0.065%         (変わらず)
 値)                                              
 安値─高値                      -0.055─-0.060                     
                                 %               
  
    長期国債先物は続落。前日の海外市場で、9月米ISM非製造業部門総合指
数が堅調な内容となったことや原油先物価格の上昇を手掛かりに、米債が売られ
た流れを引き継いだ。株高も売りを誘った。
    現物債は総じてさえない展開。中長期ゾーンは先物に連動して国内勢からの
売りが優勢になった。超長期ゾーンは売買が交錯して高安まちまち。イールドカ
ーブの落ち着きどころを模索する流れに変化はないとみられている。20年超長
期国債利回りは一時前営業日比1.5bp高い0.395%と9月23日以来、
30年超長期国債利回りは一時同1bp高い0.505%と9月27日以来の水
準に上昇した。
    10年物価連動国債入札は最低落札価格がほぼ前場実勢で決まり、無難な結
果に収まった。

 レポート全文:        
    
<スワップ市場> 16時46分現在の気配
 2年物    -0.02─-0.12
 3年物    -0.04─-0.14
 4年物    -0.03─-0.13
 5年物    -0.02─-0.12
 7年物    0.01─-0.08
 10年物   0.11─0.01
 
 レポート全文:

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below