Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・前場=中国株は反落、経済回復の持続性に懸念 香港休場
2017年4月14日 / 06:14 / 7ヶ月後

UPDATE 1-中国・香港株式市場・前場=中国株は反落、経済回復の持続性に懸念 香港休場

 (内容を追加しました)
    [上海 14日 ロイター] - 
 中国               前場終値    前日比        %      始値  売買代金概
                                                                    算
 上海総合指数<.SSE  3,261.63  - 14.321    - 0.44  3,276.13  1271.6億元
 C>                       87         6                 81   
 前営業日終値       3,275.96                                (上海A株
                          03                                        )
 CSI300指数<  3,498.15  - 16.408    - 0.47  3,516.81            
 .CSI300>                  8                            0   
 前営業日終値       3,514.56                                          
                           6                                
    
    中国株式市場は反落して前場を終了した。景気回復が勢いを失っていると
の兆候が嫌気された。ただトレーダーの一部からは、政府が相場下支えのため
加入しているとの見方が出ている。
    上海総合指数       前場終値は14.3216ポイント(0.44%)
安の3261.6387。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI
300指数         前場終値は16.408ポイント(0.47%)安の3
498.158。週間では0.8%安。
    3月の消費者物価指数(CPI)や貿易統計など、今週発表された一連の
経済指標により、投資家は中国の経済回復における持続可能性に疑問を抱いて
いる。生産者物価指数(PPI)はピークを打った兆しが見え、CPIは予想
を下回り、不動産販売は急減した。
    交銀国際証券のチーフストラテジスト、Hong Hao氏は「これらの指標は、
リフレ取引が下火になりつつあることを示唆している」と指摘した。同氏によ
ると、中国経済はこの変化を十分織り込んでおらず、政府によるものと思われ
る介入が一因だという。
    たとえば、当局は12日、瞬間暴落(フラッシュ・クラッシュ)につなが
ったとして平安保険や興業銀行のブローカーのアカウ
ントによる売買を停止した。
    一方で、中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)や中国石油化
工集団(シノペック・グループ)には買いが入った。
    前場時点で大半のセクターがマイナス圏となる中、不動産株
や交通株の下げが目立った。
    景気循環株に調整が入る中でディフェンシブ株が改めて選好され、高級酒
を製造する貴州茅台は史上最高値を付けた。    
    
    香港株式市場は休場。取引再開は18日。    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below