Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国は4日続落、規制強化を懸念
2017年4月19日 / 09:10 / 7ヶ月前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国は4日続落、規制強化を懸念

 (内容を追加しました)
    [上海 19日 ロイター] - 
    
 中国                      終値      前日比          %        始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                         算
 上海総合指数         3,170.6867   - 26.0266      - 0.81  3,184.6660  3,189.4368   3,147.0655    2254.9億元
                                                                                                
 前営業日終値         3,196.7133                                                                 (上海A株
                                                                                                         )
 CSI300指数<.C   3,446.082    - 16.661      - 0.48  3,452.990    3,459.352    3,418.514   
 SI300>                                                                                         
 前営業日終値          3,462.743                                                                
 
 香港               前場終値    前日比        %      始値  売買代金概
                                                                    算
 ハンセン指数<.HSI  23,825.8   - 98.66    - 0.41  23,875.9   722.4億香
 >                         8                            8       港ドル
 前営業日終値       23,924.5                                          
                           4                                
 ハンセン中国株指   9,983.73   - 59.79    - 0.60  10,021.9            
 数                                                     9   
 前営業日終値       10,043.5                                          
                           2                                
    
        
    中国株式市場は4日続落。投機やシャドーバンキング(影の銀行)に対する規制強化により、景気回復が阻害され
るとの懸念が強まった。
    上海総合指数終値は26.0266ポイント(0.81%)安の3170.6867。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は16.661
ポイント(0.48%)安の3446.082。

    小型株、特に新興銘柄の下げがきつく、創業板指数は3カ月ぶりの安値となった。
    アナリストらは直近の市場が弱含んでいる背景として、過度なレバレッジや資産バブルに対する中国政府の取り組
みが広がるなか、昨年後半からの刺激策主導の景気回復が弱まっているためと分析している。
    投資会社シャンシャン・ファイナンスの株式取引責任者、ウー・カン氏は「厳しい規制が市場のムードを悪化させ
た」と述べた。
    中国政府は主要都市における不動産市場の抑制を強化したほか、シャドーバンキングを中心に銀行業務に対する全
国的な調査に着手。また株式市場における投機を取り締まると断言した。
    国際通貨基金(IMF)は18日、中国が急ピッチで拡大する信用の伸びを抑制しない限り、中期的には経済が崩
壊する可能性があると警告した。
    投資家の一部からは、地方政府が過熱する不動産市場の抑制策を強化するなか、第1・四半期の成長率が今後数カ
月で鈍化し始めると懸念する声も出ている。
    中央銀行も投機の抑制やシステム上のリスクを封じ込めるために、金融政策を引き締め方向にシフトし、短期金利
を引き上げると示唆している。
    中国株は全面安。コモディティー価格の急落を受け、素材株が値下がり率トップ。
    ただディフェンシブ銘柄とされる消費者関連やヘルスケアは市場全体に対しアウトパフォ
ームした。
    
    香港株式市場は3日続落で終了。仏大統領や北朝鮮情勢を巡る懸念でリスク資産への投資意欲が削がれる中、世界
的な株安に追随した。また、中国株が4日続落したことも心理悪化につながった。
    ハンセン指数      前場終値は98.66ポイント(0.41%)安の23825.88。

    ハンセン中国企業株指数(H株指数)前場終値は59.79ポイント(0.60%)安の9983.73。
    中国民生銀行は、北京にある航天橋支店トップの張頴氏が不法行為の疑いで警察の取り調べ
を受けていると明らかにしたことを受け、1.7%下落。
    第一財経は関係筋の話として、張氏が理財商品関連で不明になっている30億元(4億3500万ドル)の資金に
ついて捜査を受けていると報じた。    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below