Reuters logo
UPDATE 1-北朝鮮ミサイル、飛翔距離400キロ 中国国務委員とも対応協議へ
May 29, 2017 / 12:14 AM / 7 months ago

UPDATE 1-北朝鮮ミサイル、飛翔距離400キロ 中国国務委員とも対応協議へ

(内容を追加しました)

[東京 29日 ロイター] - 菅義偉官房長官は29日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けて臨時の記者会見を開いた。政府が午前7時43分から開いた国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合では、安倍晋三首相から「北朝鮮に強く自制を求め、毅然として対応していくとの新たな指示があった」と明らかにした。

菅長官によると、北朝鮮が発射した弾道ミサイルの飛翔距離は約400キロで、新潟県佐渡島から約500キロ、島根県隠岐諸島から約300キロの位置に落下したもよう。日本の排他的経済水域(EEZ)内と推定されている。

29日には中国外交担当の楊潔チ国務委員が来日する。菅長官は「北朝鮮問題について中国は極めて大きな影響力を持つ。その外交責任者としっかり話したい」と述べた。 (梅川崇)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below