Reuters logo
UPDATE 1-街角景気5月は2カ月連続改善、企業部門の好調がけん引
2017年6月8日 / 06:02 / 6ヶ月後

UPDATE 1-街角景気5月は2カ月連続改善、企業部門の好調がけん引

(内容を追加しました)

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日に発表した5月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIは48.6で前月比0.5ポイント上昇し、2カ月連続の上昇となった。好調な輸出や海外設備投資需要などで企業部門が改善。一方、家計関連は横ばいにとどまった。インバウンド需要に支えられているものの、国内消費者の動きはさえない。

現状判断DIのうち企業動向関連は上昇し、家計動向関連は横ばい、雇用関連は低下した。全体では横ばいを示す50の水準を5カ月連続で下回っている。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは49.6で、前月比0.8ポイント上昇、2カ月連続で上昇した。

内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を、前月の「持ち直しが続いているものの、引き続き一服感がみられる」から、「持ち直しが続いている」に変更した。

企業関連は足元、先行きともにしっかりとした上昇。「メキシコ自動車業界向けなど、保留となっていた案件が受注できる見込み。北米自動車業界向けの設備投資も動きが活発」(東海・一般機械)といったコメントがあった。

家計関連動向は「アジア圏からの観光客は好調。大統領選挙を終えたばかりの韓国人観光客は活況を呈している」(北海道・ホテル)など、インバウンド需要は旺盛なもよう。

一方で、「来客数および買い上げ点数は前年並みを維持しているものの、単価が下がった。価格最優先志向が根付いている」(南関東・スーパー)との声もある。

雇用関連はDIが50を超える状態が続いており、人手不足を反映している。ただ過去のピークと比べると、それほどタイトな状況ではない。

地方では「正社員の募集がほとんどなくなり、契約社員の募集が増えていることや、募集条件の良い首都圏に人が流れ行ってしまい、慢性的な人手不足となっている」(東北・新聞社)といった現象も見られている。

*内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。   here

中川泉 編集:田中志保

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below