Reuters logo
再送-為替こうみる:FBI前長官証言後のトランプ氏コア支持層の動向を注視=マーケット・ストラテジー 亀井氏
2017年6月9日 / 00:33 / 6ヶ月前

再送-為替こうみる:FBI前長官証言後のトランプ氏コア支持層の動向を注視=マーケット・ストラテジー 亀井氏

(検索コードを修正しました)

[東京 9日 ロイター] -

<マーケット ストラテジィ インスティチュート 代表 亀井幸一郎氏>

コミー米連邦捜査局(FBI)前長官は8日、上院情報委員会で証言した。米株式市場は、新しい話が出てこなかったことをとりあえず好感したようだ。

しかし、コミ―氏は「トランプ氏がうそをつくのではないかとの強い懸念があった」、トランプ氏が自身とFBIを批判したことについては「単純明白なうそに過ぎない」などとはっきり述べており、捜査当局が、全般的にトランプ氏に背中を向けているという印象が残った。

今後は、コミ―氏の証言映像をメディアで見たトランプ氏コア支持層がどう動くかが焦点となり、支持率の変化に応じて、議会の大統領に対する態度も変わってくるだろう。 これまで、コア支持層は「嫌なことは聞きたくない、見たくない」との態度でトランプ氏を支持してきたが、少なくとも、コミ―氏証言をきっかけに支持層の一部では、そうした支持が剥落してくる可能性があるとみている。

ドル/円については、来週、米連邦公開市場委員会(FOMC)でイエレン議長が景気に対して強めの見解を示したとしても、レンジは既に下に切り下がってきているとみている。ドルの上値はせいぜい112円程度だろう。一方、下値は108円前半を試す可能性があると考えている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below