Reuters logo
UPDATE 2-IMF、今年の中国の経済成長率見通しを6.7%に上方修正
2017年6月14日 / 08:07 / 5ヶ月後

UPDATE 2-IMF、今年の中国の経済成長率見通しを6.7%に上方修正

* IMF、2017年の中国の経済成長率見通しを6.7%に上方修正 4月時点は6.6%と予想

* IMF、2018─20年の中国の平均経済成長率を年6.4%と予想

* IMF:中国は改革を加速し、急激な経済調整のリスクに対処すべき

* IMF:中国は弾力的な為替レートへの取り組みを進めるべき、資本フロー措置は透明性と一貫性持つべき (内容を追加しました)

[北京 14日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は14日、2017年の中国経済成長率見通しを6.7%に上方修正した。4月には6.6%に引き上げていた。

上方修正の理由として「拡張的な信用供与と公共投資を中心とした政策支援」を挙げた。

2018─20年の成長率は平均6.4%と予想。4月には2018の成長率は6.2%との見通しを示していた。

IMFは成長見通しを引き上げた一方で、中国に対し、より持続的な経済成長への移行に向けた改革の加速や緩和的な政策の縮小を呼び掛けた。

金融セクターのリスクに対する最近の取り組みは非常に重要だとし、金融面での緊張や成長鈍化を伴ったとしても継続すべきとの見解を示した。

このほか、柔軟な為替レートへの取り組みを再開すべきだと指摘。一方で、人民元相場は「総じてファンダメンタルズと一致している」とした。

中国の第1・四半期国内総生産(GDP)伸び率は6.9%と、予想を上回った。政府が掲げる年間目標は6.5%となっている。

国際通貨基金(IMF)のデビッド・リプトン筆頭副専務理事は14日記者団に対して、中国は信用フローを一段と引き締めるとともに、実質成長率を押し上げる経済活動への融資を促進すべきだとの考えを示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below