Reuters logo
UPDATE 2-米大統領、対北朝鮮強硬姿勢の正当性主張 アジア歴訪では貿易も焦点
2017年11月5日 / 03:24 / 19日後

UPDATE 2-米大統領、対北朝鮮強硬姿勢の正当性主張 アジア歴訪では貿易も焦点

(内容を追加しました)

[米軍横田基地/川越 5日 ロイター] - トランプ米大統領が5日、大統領専用機(エアフォース・ワン)で日本に到着した。北朝鮮のミサイル発射や核実験を巡る緊張が高まる中、同国に対する強硬姿勢の正当性を主張し、アジア各国首脳との協議では北朝鮮問題が主要議題になると指摘した。日本に向かう機中で述べた。

トランプ大統領は12日間のアジア歴訪の最初の訪問国日本で、安倍晋三首相との会談を通じて、北朝鮮問題で日米の結束をアピールする狙いとみられる。

トランプ氏は機中で記者団に対し、米政権は北朝鮮をテロ支援国家に指定するかどうか近く決定すると明らかにした。「われわれはそれを解決したい。わが国と世界にとって大きな問題だ」と指摘。長年の対応が十分でなかったとし、非常に異なるアプローチを取る計画だと述べた。ただ詳細には言及しなかった。

トランプ氏はまた、アジア歴訪中にロシアのプーチン大統領と会談する計画も明らかにし、「北朝鮮問題でプーチン氏の助けを得たい」と語った。

大統領は、北朝鮮問題で日韓首脳との連携確認を目指し、この問題への対応強化に向け、中国の習近平国家主席にも圧力をかける方針だ。

大統領はまた、アジア各国の首脳との協議では貿易問題も焦点になると指摘した。

トランプ氏は、米国により有利な政策に合意するようアジアの同盟国を説得しようとしている。

アジア歴訪の最重要イベントは、ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議への出席だ。トランプ氏は同会議の場で、中国の海洋進出を念頭に、自由で開かれたインド洋・太平洋地域を推進する演説を行う予定だ。

同氏は機中で「われわれの焦点の1つは貿易だ。米国は25年にわたり、この地域や世界のどの地域ともうまく貿易を行ってこなかった」と指摘。

「互恵的な貿易について協議するつもりだ。公正で自由でかつ互恵的な貿易だ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below