Reuters logo
再送-為替こうみる:ドル、年末まで111─113円レンジ=クレディ・アグリコル銀 斎藤氏
November 24, 2017 / 4:13 AM / 21 days ago

再送-為替こうみる:ドル、年末まで111─113円レンジ=クレディ・アグリコル銀 斎藤氏

(検索コードを修正しました)

[東京 24日 ロイター] -

<クレディ・アグリコル銀行 外国為替部長 斎藤裕司氏>

ドルは年末にかけて111.00─113.00円を中心レンジとして推移するとみている。

ドルは11月6日に高値114.73円をつけた後、ヘッジファンドの年末対策、弱気な米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨と米金利低下、中国株の急落など複合的な要因が重なり、111円前半まで下落してきた。この間、黒田東彦日銀総裁が「リバーサル・レート」の議論に言及したことも金融政策の微調整に対する思惑を呼び、円買いを誘った部分がありそうだ。

現行のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策において、来年のどこかでターゲットレートが引き上げられるとの見方は少しずつ織り込まれてきたが、米国のテーパリングと利上げに追随するかたちになると考えれば、今すぐという話ではない。中国株は様子を見なければならないが、111円近辺が年内のドルのレンジ下限とみている。

一方、米国では年内に税制改革法案が通過するか不透明。12月のFOMCで利上げは実施されるだろうが、執行部の交代を控える中、政策のフリーハンドを保とうとするだろう。タカ派的な声明文は出ない可能性が高い。需給面でドル買いとなる場面はあるだろうが、金利がドル買いのけん引役とはならないだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below