Reuters logo
訂正-シドニー株式市場・中盤=横ばい、鉱業株が高い
2017年12月4日 / 03:28 / 9日前

訂正-シドニー株式市場・中盤=横ばい、鉱業株が高い

 (英文の訂正により2段落目のS&P/ASX200指数の前営業日騰
落を「0.3%安」から「0.3%高」に訂正します)
    [4日 ロイター] - 
 豪                  日本時間12時12    前日比       %       始値
                                 分                     
 S&P/ASX200        5,985.200   - 4.556   - 0.08  5,989.800
 指数                                                   
 前営業日終値             5,989.756                              
    
    4日中盤のシドニー株式市場の株価は、横ばい。資源価格上昇が鉱
業株を押し上げ、金融株の下落を相殺した。
    S&P/ASX200指数 は0104GMT時点で0.3
44ポイント(0.01%)高の5990.1。前営業日は0.3%高
(訂正)だった。
    上海先物取引所の鉄鋼相場が9月中旬以来の高値近くまで上昇。鉛
や亜鉛も、供給懸念から数週間ぶり高値を付けた。これを受け、シドニ
ー市場の鉱業株指数 は1%超上昇。個別銘柄では、BHPビリ
トン が1.7%、リオ・ティント が1.4%、それ
ぞれ上伸した。
    リオ・ティントは、報酬委員会委員長のサイモン・トンプソン氏を
次期会長に指名した。同氏は2018年3月5日付で就任する。
    金融株指数 は0.6%安。4大銀行株は0.5─1.1%
安。
    チャールズ・シュワブ・オーストラリアのアナリスト、ベン・ルブ
ラン氏は「銀行は、依然として先週のニュースに反応している。そのた
め、銀行は下落傾向となるだろう」と述べた。
    豪政府は先週、不祥事が続発している金融業界の調査を行う方針を
表明。政治的圧力が高まる中、政府は従来の立場を転換させ、金融業界
の信頼性を回復するために必要な措置だとしている。
    エネルギー指数 が0.7%高。石油輸出国機構(OPEC
)と非加盟産油国が2018年末まで協調減産を延長することで合意し
た翌日、北海ブレント相場が一時、1バレル=64.32ドルまで上昇
したことが背景にある。 
    ウッドサイド・ペトロリアム が0.5%高。オリジン・
エナジー は0.7%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below