March 21, 2018 / 11:18 PM / 6 months ago

UPDATE 1-中南米金融市場=メキシコ株・通貨上昇、NAFTA再交渉妥結への期待で

(内容を更新しました)

[メキシコ市 21日 ロイター] - 中南米金融市場では、米国が北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で態度を軟化させる可能性があるとの見方が強まり、メキシコペソが1日としては昨年6月以来で最大の上げとなった。

ペソは約2%高。中南米通貨の中で著しい上昇率となった。

メキシコの主要株価指数であるS&P/BVM・IPC指数は約1%高と、ほぼ横ばいのMSCI新興国株指数をアウトパーフォーム。

自動車部品メーカーのNemak SAB de CVと、その支配株主であるAlfa SAB de CVは約4%高。指数構成銘柄のうち上昇率上位。

カナダのトルドー首相は21日、NAFTA再交渉について、最も大きな争点になっている分野で合意に近づいている兆しが出ていることを踏まえ、成功裏に終わる公算が大きいとの楽観的な見通しを示した。

グローブ・アンド・メール紙は関係筋の話として、トランプ米政権はカナダとメキシコで製造された自動車の米国への輸出について、米国製の部材を50%とする要求を撤回する可能性があると報じた。これを受け、長引いているNAFTA再交渉協議が妥結に近づく可能性があるとの見方が出ている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below