April 27, 2018 / 8:14 AM / 3 months ago

UPDATE 1-物価達成時期の削除、黒田日銀総裁「市場の誤解招かぬよう」

(内容を追加しました)

[東京 27日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は27日、同日公表した「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」から物価2%目標の達成時期を削除したことに関し、市場の誤解を招かないようにするためだったと説明した。一方で、物価目標をできるだけ早期に実現するとのコミットメントには「変わりはない」と強調した。

金融政策決定会合後に本店で記者会見した。黒田総裁は、これまで「2019年度ごろになる可能性が高い」としてきた物価達成時期について、「あくまでも見通しだ。金融政策の変更を機械的に結び付けているものではない」と指摘した。

展望リポートで時期を明示すれば「(市場に)誤解される恐れがある」とし、表現を削除したのは「達成期限ではなく見通しであることを明確にするため」だったとの認識を示した。「中長期な目標に変更したというわけではない」とも語った。

個人的見解としては「19年度ごろに物価が2%程度に上昇率を高めるとの見方に変わりはない」と述べた。

また、中長期の予想物価上昇率が上がらない原因は「デフレマインドが強いからだ」と分析。今後の動きを注視する考えを示した。 (梅川崇、伊藤純夫)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below