May 16, 2018 / 1:03 AM / 2 months ago

再送-GDPこうみる:成長鈍化は一時的、買い戻しトレンドは変わらず=アセマネOne 鴨下氏

(検索コード修正しました)

[東京 16日 ロイター] -

<アセットマネジメントOne 運用本部ファンドマネジャー 鴨下健氏>

1─3月GDPは市場予想を若干下回る結果だった。設備投資や住宅が下振れたものの、おおむね想定の範囲内だったと言える。相場影響は限定的だろう。少なくとも、今回のGDPを材料として日本株の買い戻しトレンドが転換するほどのインパクトはない。

スローダウンは一時的な現象にとどまり、4─6月には持ち直しに向かうとみている。1─3月は大雪などの悪天候や中国向けハイテク製品の落ち込みの影響が響いた。ただ、4月は気温が暑く、小売りは堅調だったことが予想される。企業の決算会見などからも、設備投資への意欲の強さがうかがえる。4─6月には回復してくるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below