May 30, 2018 / 9:49 AM / 5 months ago

UPDATE 1-シドニー株式市場・引け=反落、イタリア政治混乱が響く

 (内容を追加しました)
    [30日 ロイター] -       
 豪                             終値    前日比      %      始値       高値          安値
 S&P/ASX200指数<.AX  5,984.700  - 28.900  - 0.48  6,013.60  6,013.600     5,964.100
 JO>                                                                          
 前営業日終値               6,013.600                                                     
    
    シドニー株式市場は、反落して引けた。イタリア政治の混迷が世界の株価を揺るがし
たことが背景。投資意欲は低下し、米国債など安全資産に資金が向かった。 
    投資家がディフェンシブ株を選ぶ中、S&P/ASX200指数       は前日終値
比28.90ポイント(0.48%)安の5984.70と、4月30日以来の安値で終
了した。

    イタリアでは3月の総選挙でいずれの政党も過半数の議席を獲得できず、その後の連
立政権樹立の試みも失敗する中、早ければ7月にも再選挙が行われる可能性がある。これ
が同国のユーロ圏離脱の是非を問う事実上の国民投票になりうるとの懸念が浮上した。
    オーストラリア統計局が30日発表した4月の住宅着工許可件数は前月比5%減。予
想より大幅な落ち込みとなった。商業用不動産の着工許可件数も減少し、経済成長にとっ
て悪い前兆となった。これも株価を圧迫した。
    銀行株がS&P/ASX200指数の下落分の大半を占め、金融株指数は1
.4%安。終値ベースで1年超ぶりの安値となった。
    4大銀行株は0.9─2%下落。オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)
は1カ月ぶりの安値で引けた。ニュージーランド法人が生命保険事業を米シグナ
に売却することで合意したとの報を受けた。
    金属相場安を背景に鉱業株指数は0.4%安。リオ・ティントは1
.2%、BHPビリトンは0.3%、それぞれ下落した。
    一部の投資家は防衛策としてディフェンシブ株に買いを入れ、産金株指数は
1%、ヘルスケア株指数は0.7%、それぞれ上昇した。
    主要株の産金会社エボリューション・マイニングは1.3%高。
    ヘルスケア関連ではバイオ医薬品のCSLが1%上昇し、終値ベースの上場
来高値で引けた。豪ドル安でオーストラリアが輸出する医薬品の競争力が増した。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below