June 6, 2018 / 4:46 PM / 6 months ago

訂正-ユーロ圏金融・債券市場=利回り上昇、ECB専務理事のタカ派的発言受け

 (6段落目の「トーンダウンさせる考えを示した」を「トーンダウンさせる考えを示さな
かった」に訂正します)
    [ロンドン 6日 ロイター] -  
 <金利・債券>                                                         
 米東部時間12時                                                         
 28分                                                     
 *先物          清算値  前日比   前営業日  コード                      
                                      終盤                
 3カ月物ユーロ  100.32    0.00     100.32                        
 独連邦債2年物  112.03   -0.09     112.12                         
 独連邦債5年物  131.73   -0.51     132.24                         
 独連邦債10年  160.24   -1.22     161.46                         
 物                                                       
 独連邦債30年  166.92   -2.04     168.96                         
 物                                                       
 *現物利回り    現在値  前日比   前営業日  コード                      
                                      終盤                
 独連邦債2年物  -0.615  +0.041     -0.656                              
 独連邦債5年物  -0.156  +0.086     -0.242                              
 独連邦債10年   0.470  +0.096      0.374  <DE10YT=TWEB  <0#DE10YT=TWEB
 物                                         >             >
 独連邦債30年   1.155  +0.068      1.087  <DE30YT=TWEB  <0#DE30YT=TWEB
 物                                         >             >
 

    ユーロ圏金融・債券市場では、欧州中央銀行(ECB)が早ければ来週の理事会で債
券買い入れ策終了の考えを示す可能性があるとの観測から債券利回りが上昇した。ドイツ
国債利回りは過去1年近くで最大の上昇幅となる見込み。
    ECBのプラート専務理事は6日、ECBはインフレが目標に向けて上昇していくこ
とへの自信を深めており、来週の理事会で債券買い入れ策を年内に終了させるかどうか討
議すると述べた。
    ドイツ10年債利回りはイタリアの政局懸念が高まった先週に大幅に下げたが、この
発言を受けて低下分のほとんどを戻した。
    クレディ・アグリコルの欧州債券ストラテジスト、オーランド・グリーン氏は「債券
市場では一般的にハト派とみられるプラート氏がECBの政策巻き戻しへリスクをシフト
した」と述べた。
    独10年債利回りは9ベーシスポイント(bp)余り上げ、0.46%
に。1日としては2017年6月後半以来の上昇幅となる見込み。イタリアを除けば、ユ
ーロ圏のほとんどの債券利回りが6─10bp上昇した。
    また、イタリア新政権が大規模財政支出策をトーンダウンさせる考えを示さなかった
(訂正)ことで、同国債は再び大きく売られた。
    イタリア10年債利回りは20bp上昇の2.96%、2年債利回りIT
2YT=RRは36bp上昇の1.35%を付けた。
    IHSマークイットによると、イタリア国債の5年物クレジット・デフォルト・スワ
ップ(CDS)は前日終値から22bp上昇して231bpと、約1週
間ぶりの高水準となった。
    イタリア国債利回りは先週のピークに比べるとかなり低い水準だが、アナリストはE
CBのタカ派的姿勢と積極財政主義とみられる新政権といった要因が引き続き周辺国債券
への圧力になると指摘している。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below