August 31, 2018 / 9:26 AM / a month ago

UPDATE 2-ユーロ圏CPI、8月速報値は前年比+2.0% 伸び鈍化

* 8月のユーロ圏消費者物価指数速報値、前年比+2.0%(予想:+2.1%)

* 8月のユーロ圏消費者物価指数速報値(食品・エネルギー除く)、前年比+1.2%(予想:+1.3%) (内容を追加しました)

[ブリュッセル/フランクフルト 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が31日発表した8月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年比2.0%上昇となり、7月の2.1%上昇から伸びが鈍化した。エネルギーおよび食品価格の上昇率低下が背景。

統計は、最近のCPIの上昇が一時的現象とする欧州中央銀行(ECB)の見解を裏付ける内容となった。

8月のCPI上昇率は、ロイターがまとめた市場予想の平均(2.1%)も下回った。

エネルギー価格は前年比9.2%上昇。7月は9.5%上昇だった。

エネルギーと未加工食品を除くコア指数は前年比1.2%上昇と、7月の1.3%上昇から伸びが鈍化した。

エネルギー、食品に加え、アルコールとたばこも除いた指数も上昇率が1.1%から1%に低下した。

また、エネルギーと関係のない工業製品価格の上昇率も、7月の0.5%から0.3%に鈍化した。ユーロ安で輸入コストが増大した可能性は高いものの、ECBにとって懸念される兆候となりそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below