September 18, 2018 / 12:45 AM / a month ago

再送-米の対中追加関税こうみる:想定内、ネガティブだが日本株の下値は限定的=フィデリティ投信 福田氏

(検索コードを修正しました)

[東京 18日 ロイター] -

<フィデリティ投信 運用本部インベスメントディレクター 福田理弘氏>

トランプ政権が2000億ドル相当の対中追加関税を発動すること自体は想定の範囲内。この2カ月ほど米中貿易戦争への関心がやや薄れ、日本株にも上値トライの機運が出てきていただけにマイナスインパクトは避けられないだろうが、日経平均は2万1500─2万2000円を割り込んで一段と下値を模索していくほどではない。

日本の実体経済へ本当にインパクトがあるのは、米国が日本からの輸入車に対して関税を引き上げる事態になった場合だ。

トランプ政権は中国が報復措置を報じるなら即座に2670億ドルの中国製品への関税を検討しているという。成り行きを見極めたいが、投資家は実施を前提に臨まなければならないだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below